HOME > 製品のご案内 > 儀式用品

儀式用品

丸和商業では末永くお使い頂ける各種儀式用品を取り扱っています。
習わし・風習は各地域で受け継がれ、時代を反映し移り変わってきました。それまでは儀式の贈答の品物を和紙で包み、水引を掛け、台にのせて差し出されていたものが、江戸時代元禄ごろに立派な覆い裂を掛けるようになり、裏を付けた現在の袱紗と同じよう成形になりました。今日でもこのような作法は受け継がれており、結納の時はもとより、結婚祝い・内祝い・出産祝い・新築祝いなどあらゆる慶事に使われています。

紋付お家用3点セット(白山紬風呂敷・広蓋・塩瀬ふくさ)

 

結納風呂敷

ふろしき・ふくさ・広蓋は結納の儀式において、西日本では必需品です。また、お祝いを渡す際にも使われ重宝します。

唐草・家紋(寿)ふろしき
ブロード桐唐草風呂敷
結納の時、結納飾りを箱に入れ家紋入りや唐草・桐唐草柄の風呂敷で包んで運びます。 一つの柄ではサイズの種類が最も多く、二四巾(90cm)から七巾(230cm)の6サイズがあります。
 
白山紬家紋入りふろしき
白山紬家紋入り風呂敷
糸の節がそのまま表情になって趣をかもし出しています。 結納の時や結婚のお祝いを持参する時など、広蓋に袱紗乗せて、それを包む風呂敷として用いられます。 家紋と名前を入れます。仕入商品もありますが、1枚で誂えもできます。
 

広蓋・万寿盆・切手盆

漆塗りの儀礼盆にのせてお贈りするのは、日本の美しいしきたりです。

広蓋・万寿盆・切手盆
広蓋(ひろぶた)
結納時や正式な贈り物をする時に目録などを載せるのに使います。一般的には家紋入りを使います。 家紋と名前を入れます。仕入商品もありますが、1枚で誂えもできます。
 
万寿盆(まんじゅぼん)
花嫁用の内祝いや出産祝いのお返しをお渡しする時に使います。
 
切手盆(きってぼん)
祝儀盆とも言います。金封を贈る時など広く用いられます。

掛袱紗(かけふくさ)

掛袱紗 かけふくさ 本綴れ式 二羽鶴
贈り物や目録を広蓋に載せ、そこに上から袱紗を掛けます。
掛袱紗は袷になっており、一般的には塩瀬を家紋を染めたものが使われますが、綴織で家紋を入れられることもあります。家紋の反対面には織で高砂や鶴亀といった柄を入れることもあります。

毛氈(もうせん)

毛氈
結納式の時に、結納飾りの下に敷きます。両端に鳳凰の柄が入ったものが一般的ですが、無地のものも多く使われます。

 

 

 

 

 

 

 

袱紗(ふくさ)

お祝いや香典をむき出しのまま取り出したりするのは失礼にあたります。お盆に贈り物や金封をのせ、それを布で覆い、先様に差し上げていたものを簡略化された商品が一般的に使われています。

金封袱紗(きんぷうふくさ)
金封袱紗(きんぷうふくさ) ちりめん刺繍入り大小セット
金封ひよる贈答の際の包んで差し出す儀礼様式を簡略化したもので、包み・お盆代わりになります。内ポケットにも入り、携行に便利で近年は主流になっています。
 
台付袱紗(だいつきふくさ)
正絹ちりめん台付ふくさ
慶弔時の金封包みとして、包み袱紗と漆盆代りをつとめる塗台板を組み合わせたもの。台は慶事は朱色面、弔事には鼠色面をと両面使い分けられるようになっています。
 
化織風呂敷   正絹風呂敷
京都いーふろしきや